作成者別アーカイブ: alfabeat

ジュリエッタ、スタッドレスタイヤを履く(今頃)

話は長くなるので端折りますが大まかな流れを。。。

ディーラーにスタッドレスタイヤの相談をしたのが昨年11月末。しかし金額的に折り合いがつかず12月末で断念。で、結局自分でホイールとタイヤを探して取り付けてみました。

ホイールは新品のジュリエッタ Quadrifoglio Velde Alfisti 2専用ホイール7.5J-18 +41 PCD110 65mmを購入。タイヤはDUNLOP WINTER MAXX WM01 225/40R18 88Qです。この二つ合わせてもディーラーから提示されたタイヤのみの値段よりも安かったです(苦笑)

何を今頃と言われそうですが立春寒気がまだやってくるので活躍できそうです(^-^)v

via PressSync

ビートのリアスクリーン補修

写真を撮り忘れたのですが実は我が家のビートのリアスクリーン がクラッチオイルの抜け修理の際に縫い目から外れて帰ってきました。
そこでリアスクリーン を外して補修する事にしました。

まずリアスクリーン を外してせっせと手縫いです(笑)

男縫いです(笑)結構硬いので温めながらやると柔らかくなって縫いやすくなります。でも指がだんだん痛くなりますね。

縫い終わったのが午前4時。一旦寝て午前9時から作業開始です。

リアスクリーンを幌のファスナーの片方と接続し、幌とスクリーンの穴を合わせてボディにネジで仮留めしていきます。

気温が高いと幌の生地も伸びるのではめ込み易いです。

ホンダのディーラーがクラッチ修理の時にネジを3本舐めてダメにしてしまったので今回は見えないリアトランク側に3本留めてない箇所が発生。

そして今回の最大の失敗は裏になると思って縫う時に玉留めしてたのに実は表だったというオチ(笑)
まぁ仕方ない。

幌を閉めた時のロック部分を調整して完了です。次回はリアスクリーン の張り替えでしょうね。

クラッチのオイル漏れ、バッテリー上がり、リアスクリーン の破れなどなどありましたがまだまだ現役で頑張ります!

via PressSync

ビートのバッテリー上がる

今年で27年目の我が家のビート。
思い返せばバッテリーを一度も交換した記憶がない(笑)

そんな記憶を呼び起こした出来事がおとといの夜あって嫁さんがヘッドライトを点けっぱなしでガレージに一晩。。。そりゃバッテリーも上がるは(笑)

純正もいいけど仕事で交換もできないから密林さんに頼んじゃえっていうことでPanasonic Bule Battery CAOS 60B19Rがギリギリ入ることがわかったので注文(5000円くらい)。純正が20Bなのでかなりの容量アップです。

バッテリー交換後はセル一発でエンジン始動ですよ。

バッテリーの持ち手は外して良かったかなぁ〜とか思ったけど又外す時が楽になればいいやとそのままに(笑)。あとは嫁さんにライトは必ずオフにしてもらうように再度注意してもらうだけです(^ ^)。もう一台のジュリエッタの方がヘッドライトをAUTOにしてるのでそちらと勘違いしちゃってるようです。

via PressSync

謹賀新年

明けましておめでとうございます。
本年も更新がほとんどない当ブログを宜しくお願いいたします。

今年は戌年ですが、当の本犬は全く気にしてないようです(当たり前か)。

皆様もお風邪をひかぬように暖かく新年をお過ごし下さい。

via PressSync

XCARLINKからXCARLINK BTへ

ジュリエッタの純正オーディオにCDチェンジャーを装着したようにiPodやiPhoneを接続するためのXCARLINKでしたが、iPodにiTunesから音楽を入れられなくなってしまって(Apple Musicのせい)もう数年も同じ曲ばかり聞いていました。そこでBluetoothでiPhoneと接続してCDチェンジャーを装着したかのように振る舞えるXCARLINK BTをメルカリで購入して装着しました。

まずはパネルを外して

オーディオに接続し

本体はUSB端子があるので何か利用できるかもということでグローブボックスへ

ハンズフリー機能を使うためマイクはハンドルのところへ。ホコリがすごいね(笑)

接続テスト実施。無事接続できました。

音楽も無事流れます。そしてハンドルの操作部で曲送りもできるようです。

パネルを戻して完成!ちょっと面倒ですが同じ曲のループからは逃れることができました。

via PressSync