カテゴリー別アーカイブ: ホンダビート

ホンダ ビートについて

ホンダビート車検

平成3年式のホンダ ビートを車検に出してきました。
一昨年の走行距離はメーター読みで110000km、今年の走行距離110000km。オドメーター固まってますが車検通過(笑)
費用は総額94850円でした。

DSCF9400.jpg

そして家族会議が開催されてビートを手放し普通の軽自動車に買い換えたいと申し出が。。。
確かにビートはもうすぐクラシックカーの仲間入りしちゃうし、この猛暑の中エアコンは全く効かないし、排気温警告灯は点きっぱなしだし、雨漏りはするしでいいところは全くない。
ひとまず今夜の家族会議では保留にしてもう一度話し合いを開くことになりました。

これで「alfabeat」が使えなくなってしまうのかなと少し寂しい気もしないでもないです。

ビートのバッテリーあがり

20111030-174412.jpg

ビートのバッテリーがどうも電圧が足りなくなったらしくセルがちょっと回って止まるようになってエンジンがかからなくなった。

20111030-174439.jpg

そこで、スポワゴのバッテリーケーブルを繋いでエンジンをかけてみることにした。

エンジンをかけて充電出来るのかテスト中で、今はクルマの中でブログを更新してるって不思議な感じ(笑)

オルタネータが壊れてないことを祈ろう!マジで

追記:結果ですが、バッテリーは交換した方が良さげ

ビート事故

まったく更新してませんでした。実はお盆前にホンダ ビートが事故りました。とは言っても軽傷なんですが今現在までの事を書きたいと思います。

  1. 事故の状況
  2. 駐車場の入り口にて渋滞で待っていたところに前のトラックがなぜかバックしてきた。後ろにも車がいるので後ろにも逃げられずにトラックの荷台がボンネットの上を通過し、その下にあるスペアタイヤがボンネットを押し曲げて行った。

  3. 事故後の対応
  4. 保険を使いたくない事故処理もしないかわりに板金塗装屋を紹介し、確実に修理してくれる事を約束してもらった。

  5. 板金塗装屋
  6. 板金塗装屋さんはトラックの持ち主の知り合いでありましたが、ちゃんと挨拶に来てビートの状況を見てくれた。そして何よりもぶつけた本人もちゃんとその場に来て修理箇所の確認をしてくれました。

  7. 仕上がり
  8. ビートのボンネット。前から押されて曲がってしまい塗装にヒビが入った状態でしたがフレームは曲がっていなかったのでまず安心。仕上がりは板金も塗装もしっかりやってもらって満足な状況でした。もともと色あせてピンク色だったものが新品になっちゃった感じです。

事故を起こしたトラックの運転手が誠実な方なので今回は良かったんですが、本当は警察を介して事故処理を行った方がいいと思います。実はトラックの運転手ってのが隣人だったのでこんな感じで処理できましたけれどもやっぱり顔を合わせると気まずい感じがしますね(笑)。


ホンダ ビート、alfa156Sportwagonの警告灯

20110624-235434.jpg

まずは、ホンダ ビートの警告灯なんですが、排気温警告灯が点灯しました。この警告灯は過去1回点灯しているのでおおよその原因はわかっていたので嫁さんにディーラーに行ってもらったんですが、「今ビートに詳しいメカニックがいない」ということで何もしないで帰ってきました。

20110624-235714.jpg

確かに詳しいメカニックさんとかは少なくなってきてるとは思うのですができる限りの事はやって欲しかった気がします。なので今度は僕が排気温センサーとO2センサーを新品と入れ替えてみようかと思います。ちょっと自分で見てみましたが年季が入ってる感じです(笑)。あっ、ピットが倉庫代わりになってるので散らかってるのはご愛嬌と言うことで。。。

20110624-235936.jpg

一方アルファロメオの方は、ちょくちょく警告してくれてる電子燃料噴射装置警告灯なんですが、コレっていう原因はつかめていないのです。

20110625-000123.jpg

わかっているのはエンジンルーム内の各配線の劣化が進んでいるということ。この配線を全て新品に変えてしまえばいいのでしょうが今のところそういうわけにもいかないのでコネクタと配線の曲がっているところなどを少しコネコネしてやることで復旧します。順番にコネコネして確認するのを今回も忘れました。次点灯したら順番にコネコネして犯人を突き止めたいと思います(笑)

夕景撮影

Twilight Convertible
Nikon D300s + SIGMA EX 10-20mm F4-5.6 DC HSM

一昨日くらいに夕景とビートを撮影しようと思ってライスマウンテンに登ったんですが、運悪く雲の多い日でした。夕日を何人かのカメラマンが撮影しに来ましたが諦めてすぐ帰って行きました。いろいろ試して撮影したかったのでSB-600を使ったりして撮影しました。本当は這うような下からの写真を撮影したかったのですが、前日の雨で水溜まりができていて寝そべって撮影できませんでした。
良く考えてみたら、ここ夕日じゃなくても朝方の天気の良い時間帯に撮影してもいいかもですね。順光だし空も青々していい感じかもです。今度試してみます。