カテゴリー別アーカイブ: ホンダビート

ホンダ ビートについて

ビートのリアスクリーン補修

写真を撮り忘れたのですが実は我が家のビートのリアスクリーン がクラッチオイルの抜け修理の際に縫い目から外れて帰ってきました。
そこでリアスクリーン を外して補修する事にしました。

まずリアスクリーン を外してせっせと手縫いです(笑)

男縫いです(笑)結構硬いので温めながらやると柔らかくなって縫いやすくなります。でも指がだんだん痛くなりますね。

縫い終わったのが午前4時。一旦寝て午前9時から作業開始です。

リアスクリーンを幌のファスナーの片方と接続し、幌とスクリーンの穴を合わせてボディにネジで仮留めしていきます。

気温が高いと幌の生地も伸びるのではめ込み易いです。

ホンダのディーラーがクラッチ修理の時にネジを3本舐めてダメにしてしまったので今回は見えないリアトランク側に3本留めてない箇所が発生。

そして今回の最大の失敗は裏になると思って縫う時に玉留めしてたのに実は表だったというオチ(笑)
まぁ仕方ない。

幌を閉めた時のロック部分を調整して完了です。次回はリアスクリーン の張り替えでしょうね。

クラッチのオイル漏れ、バッテリー上がり、リアスクリーン の破れなどなどありましたがまだまだ現役で頑張ります!

via PressSync

ビートのバッテリー上がる

今年で27年目の我が家のビート。
思い返せばバッテリーを一度も交換した記憶がない(笑)

そんな記憶を呼び起こした出来事がおとといの夜あって嫁さんがヘッドライトを点けっぱなしでガレージに一晩。。。そりゃバッテリーも上がるは(笑)

純正もいいけど仕事で交換もできないから密林さんに頼んじゃえっていうことでPanasonic Bule Battery CAOS 60B19Rがギリギリ入ることがわかったので注文(5000円くらい)。純正が20Bなのでかなりの容量アップです。

バッテリー交換後はセル一発でエンジン始動ですよ。

バッテリーの持ち手は外して良かったかなぁ〜とか思ったけど又外す時が楽になればいいやとそのままに(笑)。あとは嫁さんにライトは必ずオフにしてもらうように再度注意してもらうだけです(^ ^)。もう一台のジュリエッタの方がヘッドライトをAUTOにしてるのでそちらと勘違いしちゃってるようです。

via PressSync

ホンダビート車検

平成3年式のホンダ ビートを車検に出してきました。
一昨年の走行距離はメーター読みで110000km、今年の走行距離110000km。オドメーター固まってますが車検通過(笑)
費用は総額94850円でした。

DSCF9400.jpg

そして家族会議が開催されてビートを手放し普通の軽自動車に買い換えたいと申し出が。。。
確かにビートはもうすぐクラシックカーの仲間入りしちゃうし、この猛暑の中エアコンは全く効かないし、排気温警告灯は点きっぱなしだし、雨漏りはするしでいいところは全くない。
ひとまず今夜の家族会議では保留にしてもう一度話し合いを開くことになりました。

これで「alfabeat」が使えなくなってしまうのかなと少し寂しい気もしないでもないです。

ビートのバッテリーあがり

20111030-174412.jpg

ビートのバッテリーがどうも電圧が足りなくなったらしくセルがちょっと回って止まるようになってエンジンがかからなくなった。

20111030-174439.jpg

そこで、スポワゴのバッテリーケーブルを繋いでエンジンをかけてみることにした。

エンジンをかけて充電出来るのかテスト中で、今はクルマの中でブログを更新してるって不思議な感じ(笑)

オルタネータが壊れてないことを祈ろう!マジで

追記:結果ですが、バッテリーは交換した方が良さげ

ビート事故

まったく更新してませんでした。実はお盆前にホンダ ビートが事故りました。とは言っても軽傷なんですが今現在までの事を書きたいと思います。

  1. 事故の状況
  2. 駐車場の入り口にて渋滞で待っていたところに前のトラックがなぜかバックしてきた。後ろにも車がいるので後ろにも逃げられずにトラックの荷台がボンネットの上を通過し、その下にあるスペアタイヤがボンネットを押し曲げて行った。

  3. 事故後の対応
  4. 保険を使いたくない事故処理もしないかわりに板金塗装屋を紹介し、確実に修理してくれる事を約束してもらった。

  5. 板金塗装屋
  6. 板金塗装屋さんはトラックの持ち主の知り合いでありましたが、ちゃんと挨拶に来てビートの状況を見てくれた。そして何よりもぶつけた本人もちゃんとその場に来て修理箇所の確認をしてくれました。

  7. 仕上がり
  8. ビートのボンネット。前から押されて曲がってしまい塗装にヒビが入った状態でしたがフレームは曲がっていなかったのでまず安心。仕上がりは板金も塗装もしっかりやってもらって満足な状況でした。もともと色あせてピンク色だったものが新品になっちゃった感じです。

事故を起こしたトラックの運転手が誠実な方なので今回は良かったんですが、本当は警察を介して事故処理を行った方がいいと思います。実はトラックの運転手ってのが隣人だったのでこんな感じで処理できましたけれどもやっぱり顔を合わせると気まずい感じがしますね(笑)。