動く物の撮影

DSC_0101
Nikon D60 + AF-S DX VR ED 55-200mm/4-5.6G(IF)

今日は、子供のサッカー教室が開催される日だったので撮影の練習を兼ねて見学しに行きました。あいにくの雨だったので室内でボールで遊ぶような練習をやっておりました。動く物を撮影するにはどうしたらよいのかわからないというのもありましたが、「こどもスナップモード」、「スポーツモード」を使って撮影してみようと思ったのですが、それではおもしろくない(わがままなんです)のであくまでも「絞り優先モード」を使って撮影してみました。

DSC_0084
Nikon D60 + AF-S DX VR ED 55-200mm/4-5.6G(IF)

躍動感がないような感じのただのアップになってしまった(気がする)…。難しいです。でも真剣な表情で練習する姿も記録できていいかもしれません。コンパクトデジカメでは撮影できなかった絵になりました(たぶん)。

DSC_0061.JPG
Nikon D60 + AF-S DX VR ED 18-55mm/3.5-5.6G

こちらの写真はスローインの練習風景です。ボールを投げた瞬間を撮影しようと狙ったものですが、ボールが手からかなり離れてしまいました。しかも人物ど真ん中ストライクすぎ!でもちゃんと枠の中にボールが収まってくれたのでスローインの練習だとわかるものになりました(笑)もうすこし人物をずらせたらよかったかもね。

DSC_0059.JPG
Nikon D60 + AF-S DX VR ED 18-55mm/3.5-5.6G

上の写真の反省を踏まえ、今度はキックする瞬間を撮影しようと思ったのですが、今度は早過ぎ(笑)。しかもやっぱど真ん中(笑)。連写機能を使ってもいいのですが、自分のタイミングでやってみようと思った結果がコレという訳です。今回の写真は躍動感があって良い感じです。

DSC_0009.JPG
Nikon D60 + AF-S DX VR ED 18-55mm/3.5-5.6G(IF)

さてうちのワンコです。常にジっとしていられない性格なので走り回らせて疲れたところを撮影です(ズル)。カメラを向けると不思議そうな顔をしてこちらを見るんですが…。撮影慣れしてないから当然な反応ですけどもね。

DSC_0004.JPG
Nikon D60 + AF-S DX VR ED 18-55mm/3.5-5.6G(IF)

もう少しアップぎみで撮影してもよかったかな。まだ腕に自信がないので動く物のアップは撮影できませんでした。というかアップにしてないのでなんとも言えませんが…。やっぱ奥が深いですよね。最近は天気が悪く、雪景色を撮影できるチャンスも仕事でできずとても悔しい思いをしています。なんとか晴れてくれればいいなと思っているのですが…。

もう少ししたら、春咲き球根が咲いてくれるので撮影できるのが楽しみです。クロッカスにチューリップ、スズラン、イングリッシュブルーベルなどなど。全部動く物じゃないんですけどね(笑)

コメント

  1. Hit より:

    動くものの撮影にはシャッター速度優先モードです。

    動きを表現したい=シャッター速度をある程度遅めにする
    動きを止めたい=シャッター速度を速めにする

    さらに高度なテクニックは流し撮りですね。

    そして連写しましょう。

  2. alfabeat より:

    やっぱ。
    まだまだカメラに関する認識が甘いですかね?

    カメラの操作に早く慣れないといけないですね。