コカマキリの孵化

カマキリの孵化
Nikon D90 + AF-S Micro DX NIKKOR 60mm f/2.8G ED

コカマキリの孵化の場面に出くわしました。この卵嚢は昨年の冬に場所を確認していたものです。コカマキリの卵嚢は、オオカマキリのフワフワの暖かそうな卵嚢よりもフワフワが無いぶん孵化は遅いようです。
ただフワフワがないおかげでコカマキリの赤ちゃんが出てくるところがハッキリと観察できました。この卵嚢の中心部分上から下まで下向きに小さな穴があるのですが、そこから次々と頭から出てきます。上の画像の下の方に頭が見えますよね?その頭のようなのがソレです。ここからエイリアンみたいなコカマキリの幼生が出てきます。

乾燥中
Nikon D90 + AF-S Micro DX NIKKOR 60mm f/2.8G ED

2枚目の画像のようにお尻から蜘蛛の糸のようなものを卵嚢から出てくる時にくっつけて出てくるので落下しないでぶら下がって体を乾燥させます。乾燥すると体が伸びてきてカマキリの立派なカマを自慢そうに振りかざして歩き出します。
この一個の卵嚢から何十匹も誕生したので家の害虫を退治してくれることを期待して見送りました。

コメント

  1. くろ。 より:

    ひぇぇぇーっ!
    すっごいの撮りましたねーぇ
    ウヨウヨいるーっ
    カマキリは怖いから苦手だけど、
    目がまっくろくろでチョットかわぃぃ・・・

  2. alfabeat より:

    カマキリ自体は、噛みつくことはないですからそんなに怖がらなくても…。ってあのカマが怖いですもんね。

    この撮影はほんとうにラッキーでしたよ。なんせ今まで生まれる瞬間は見た事なかったんですからね。家の中で孵化させてしまって家の中にカマキリだらけってことは過去ありますけどね(笑)。

    身近なものにシャッターチャンスがあるんだなと実感しましたよ。いろんな視点で撮影すると面白いでしょうね。

    イラストの参考にはならないのかな?目の大きなカマキリみたいな…。