バイクのマフラー修理

この前会社からの帰りにバイクのエンジンをかけた時にエンジン下部から白い煙が吹き出して爆音が響き出したんですが、走行中のパトカーのおまわりさんも振り返るほどの爆音だったのでこれはおかしいと家に帰ってマフラーを見てみたら、エンジンとマフラーの接合部のボルトが外れてなくなってる上に、いわゆる爆音仕様になってました(笑)

そこで、まずマフラーとエンジンとの接合部のシーリングが残ってることを確認しボルトの長さとピッチ、太さを調べてから近所のホームセンターへ買いにいきました。
家のピットをバイクで使うとは思っても見ませんでしたが作ってて良かったと思いましたねー。作業が断然楽ですよ。

一応、Maraguti F12 のマフラー接合部ネジは、M6、20mm、ピッチ1mmが2本使用してある。

コメント

  1. alfabeat より:

    新規ブログ記事『 バイクのマフラー修理 』を投稿 – http://ow.ly/1rZTwf