熊本の一の宮でスポワゴが自走不能に!

20120924-191654.jpg

大分県の竹田市菅生の彼岸花を撮影して次に熊本県小国町の鍋ヶ滝を撮影しに行こうと移動中でした。信号停車しようと速度を緩めた途端にセレスピードのミッション警告灯が点滅しだしてギアがニュートラルにスコンッと入ってしまってギアを選択できなくなってしまいました。
後ろの車を嫁さんに誘導してもらってエンジンを切って暫くしてからエンジンを始動。でもミッション警告灯は無情にも点滅しっぱなし。。。このままでは大迷惑だなと思いつつも何度も同じことの繰り返してました。

10分ぐらいしたでしょうか?雨の中近所のおじさんが「どうしました?押しましょうか?」と仰ってクルマをすぐ横のコンビニの駐車場まで雨の中押してくださいました。
若干上り坂だったので一人では動かせなさそうだったので嫁さんと運転を代わり僕も外に出て押しましたがコンビニと道路のちょっとした段差が動きません。

途方に暮れていたところにたまたまコンビニにいたおじさんと、コンビニの店員のお姉さんが出てきて雨の中クルマを押してくださいました。ほんとうに手伝って下さった皆様には感謝しています。

それでコンビニの駐車場に停めれたのでトイレと食糧はひとまず安心(笑)。あとはどうこのクルマを応急処置するかを考えました。

今までの経験からいくと、エンジンを切ってエンジンを冷ましたら復帰することが多かったので30分エンジンを切って、その間にJAFを呼ぶか、保険屋のレッカーを呼ぶかを考えていました。
ところが、熊本のアルファロメオのディーラーって松橋にしかないのが判明!ここからだとロードサービスでは完全に距離がオーバーしてしまう><

もうこりゃダメだなと心の中で覚悟したんですが、ふとドアを開けた時のいつものセレポンプの音が鳴らないことに気づいちゃったんです(笑)

ディーラーに電話してセレポンプの位置を確認して動いたら今日中に持って行く旨連絡してエンジン始動!やっぱりミッション警告灯が点滅。。。この状態で雨の中ボンネットを開けて傘の先で上の画像のセレポンプ(拳くらいの大きさ)を叩いてみました。

するとミッション警告灯が消灯し、「ジー」って作動音が聞こえてきました。やっぱ叩いて直すのは正解だったなと思いながらコンビニのお姉さんにお礼をしてから出発しました。

ただ、熊本市内から高速に乗るのが一番の最短距離だと思ったのですが、ミッション的に信号停車の数と交通渋滞が怖かったので山道を選択。小国町から日田のコースを帰りました。

無事日田インターから高速に乗れたのに筑後小郡インターから筑紫野インターまで事故渋滞と表示が(笑)
間違いなくミッションに負担をかけるのがわかったので筑後小郡インターから下道へ逃げたのですが、下道も渋滞しててすぐにミッション警告灯が点滅し、二度目の自走不能(^_^;)

伝家の宝刀傘の先で小突いて復活。筑紫野市から下道で信号に停まらないように道を選びながら箱崎にあるアルファロメオ福岡まで無事乗っていきました。乗ってる時は妙にテンションがあがって楽しかった(って言ったら嫁さんに怒られるかもですが)です。

でもディーラーに到着した時の安堵感は半端なかったですね(笑)

いろいろチェックしてもらったんですが結局エラーは出ていないのと、セレポンプを小突いて治るんなら間違いなくポンプが悪いということで新品に交換してもらいました。

実はこのセレポンプは5年くらい前にリビルド品に交換していたみたいです。

セレポンプの交換の修理費用は約7万円でした。もう家には現金はないので勘弁願いたいです(笑)

ちなみに九州自動車道はLTEはほぼ圏内でした。大分自動車道はLTEは圏外でした。